ページトップへもどる

『キモチはオトに、変えられる』プロミュージシャン直伝の音楽教室
『キモチはオトに、変えられる』

プロミュージシャン直伝の音楽教室

【音源あり】ベーシストに求められる初見、ベースソロ、セッション時のスキルとは?


今回はセッションライブやレコーディングに臨むときの⼼得、メンタルな部分を、
⾃分
の経験を踏まえながらお話しようと思います。

 

会場⼊り

先ずは予定時間より早めに会場⼊りしましょう。遅刻してしまうと、印象が悪くなってしまいます。
そして、挨拶!
⼤きな声で「おはようございます!ベースの〇〇です。よろ
しくお願いします!」これだけでかなり好印象なはず。
演奏する前のコミュニケーション
は何よりも⼤事です!

 

フリーセッション時

バッキングは分かりやすく、覚えやすいリフを作りましょう。
ドラムパターンをよく聞
き、スネアとキックのリズムに合わせます。休符を上⼿く使えば⽴派なリフになります。
フリーセッションはコードがE⼀発(E7orEm7) が多いので、まずはルートと7度を使ってリフを作ってみます。

 

例1、8ビートパターン

 

 

 

例2、16ビートパターン

 

 

 

更に5度を⾜してみます。
例3、3⾳リフパターン

 

 

少ない⾳数でも、印象的で分かりやすいベースラインは、⽿馴染みが良く、
「シンプル
で格好よかった。弾き易かった!」と他のパートからの評価も⾼いはずです。
難しいフレーズを弾く必要はありません!リズムがヨレない⽅が⼤事です!

 

曲が決まっている時

事前に曲が決まっている場合は、しっかり練習していきましょう。
コピーしてどうしても弾けないフレーズは、雰囲気を損ねない程度に簡略化してしまいます。
実は、その曲をコピーしたことがあるベーシスト以外にはバレません。(笑)

更に、ソロが廻ってきても慌てないよう、ソロネタもひたすら仕込んでおきましょう!
事前準備、「仕込み」はとても⼤事です!

 

ベースソロ

ソロは短過ぎず⻑過ぎず。初⼼者の⽅は休符を取って息継ぎできない⼈が多いようです。
少ない⾳数でも、歌わせ⽅とリズムで聴かすことができます。
特にビブラートを練習して
おきましょう。歌で⾔うコブシを効かせます。
エフェクターに頼って⾳⾊で⽬⽴つのもあ
りですね。

そして、できる人はスラップをぶち込みましょう!
見た目も音も派手になるので、効果抜
群です。もちろん、できない人は、シンプルイズベストで!

また、ソロ終了の合図が上⼿く出せない⼈は、
弾き終わる、4or8⼩節前を⽬安にアイコ
ンタクト+⼿を上げましょう。
ギリギリで合図を出されると、即座には反応できません。

 

⾳源資料はいつ届いて、いつ仕込むの?

セッション定番曲以外の曲をやる場合、⾳源や譜⾯の資料が届きます。
平均して、1週間
~3⽇前くらいかな。届いたら即、仕込みます。ライブ当⽇も家を出る直前まで練習します。
ただ本番当⽇初⾒で!っていう場合もあるので、その時は少し緊張しながら会場に向
かいます。(笑)

 

初⾒演奏について

セッションライブでの初⾒演奏の場合、その当⽇本番前に必ずリハーサルをします。
ごく
稀に本番ぶっつけの初⾒もあります。(汗)

その昔、とあるバンドのベーシストがライブ当⽇に失踪してしまいました。
たまたまその
⽇空いてた僕が召集され、本番30分前に譜⾯を渡され、⾳源を聴き、
5曲ほどサポート演
奏したことがあります。あの時の緊張感と集中⼒は半端なかったです!!

いやいや、当⽇リハーサルは通常必ず有ります。
筆者は、早めに会場に着くよう向かいます。⾞なら渋滞も考慮し、⼊り時間の1時間半~2時間半前に家を出ます。
早く着いたら、セッティングを素早く済ませ、その⽇の譜⾯
をもらい、即座にひたすら読みます!
早く到着する事で時間の余裕ができ、譜読み、練習
時間が確保できるのです。


とあるセッションライブ時の⾜元

 

さて、レコーディングの場合はどうでしょうか?
昔は初⾒演奏が多かったのですが、最
近は資料が事前に来ることも多くなりました。
とは⾔っても、その資料が来るのは前⽇の
夜中だったり、、、
それでも前もって準備できると、朝の⾞中も気持ちに余裕ができ、コー
ヒーも美味しく感じます。(笑)

とにかく、初⾒演奏がある場合は時間に余裕を持つこと!
スタジオやライブ会場に⼀番乗りするぐら
いの気持ちで向かえば、時間はたっぷりできます。
僕はだいたい1番乗りです。(笑)

 

実際の譜⾯について

⾳符が全部指定されてることもありますが、その通り弾かなくて良い場合が多いです。
こんな雰囲気で、という意味で全ての⾳程が書いてあります。

ポップスやロックの場合は、コード譜のみの譜⾯が多いです。
具体的なベースラインは
⾃分⾃身で作ります。
ト⾳記号でユニゾンフレーズが書いてあったりもするので、ト⾳記
号も読めた⽅が良いですね。
やはりタブ譜はあまり使わないです。プロ志向の⽅は、⾳符を読めた⽅が良いでしょう。


筆者愛⽤のiPad譜⾯

 

最後に

以上、セッションライブ、レコーディング時の⼼得を書き綴ってみました。
どの業界でもそうですが、経験値がモノを⾔います。
セッションなど、気後れせずにどん
どん参加していきましょう。

そして、ライブやレコーディングが終わり、機材を撤収し、帰る時。
元気よく「お疲れさまでした!またよろしくお願いします!」と挨拶して帰りましょう!
演奏後のコミュニケーションも⼤事です!

古谷 圭介

横浜国立大学経営学部卒 大学在学中に本格的にベースを始め、ダブルスクールでESP学園に入学。

卒業後は、バンド活動やアーティストのライブサポート、レコーディングを行い、 現在も、数多くのサポートやセッション活動、アレンジなど、多方面で活動中。

ROCKを中心としながらも様々なジャンルをこなすベーシスト。

★ライブサポート、レコーディング、TV収録等参加歴 藤木直人、米倉千尋、Kinki Kids、堂本光一、田村直美、吉田仁美、アイドルマス ター、Live.5pb、寺田恵子、LONEL Y↑D、アイドル教室、雪乃、Salley、パクシ フ、大橋彩香、他多数。

古谷 圭介先生のレッスンはこちら

関連する記事を見る

オトノミチシルベロゴ

豊富な講師陣による充実のマンツーマンレッスン

  • 西野カナ、NMB48への楽曲提供や人気ゲーム「スプラトゥーン」のアオリ役の声優を担当するなど活躍中!

  • 音楽ユニット『YOASOBI』のサポートメンバーとして紅白歌合戦のステージに出場!

その他、実力派講師が多数在籍!

  • ポイント1.自由な予約システム
  • ポイント2.シンプルな料金体系
  • ポイント3.イベントで繋がる

レッスン料金のご案内

  • マンツーマンレッスン
  • グループレッスン

とってもお得♪2つのキャンペーンを実施中!

  • 体験受講料キャッシュバックキャンペーン
  • お知らせ・キャンペーン情報

COPYRIGHT © 2017 MUSIC SCHOOL OTONOMICHISHIRUBE ALL RIGHTS RESERVED.