ページトップへもどる

『キモチはオトに、変えられる』プロミュージシャン直伝の音楽教室
『キモチはオトに、変えられる』

プロミュージシャン直伝の音楽教室

【サックスの重要アイテム】リガチャーってどれを使えばいいの?

サックスを吹く時にリードが動かないように固定するパーツをリガチャーといいます。
このリガチャー、実に沢山の種類があります。
その中で、最近私がずっと使ってるシルバースタインのリガチャーについて書いてみたいと思います。

 

使用しているリガチャーの紹介

皆様はシルバースタインというメーカーのリガチャーをご存じでしょうか。

 

こんな感じの紐タイプのリガチャーを発売していて、
クラシックからジャズまで多くのミュージシャンがこのリガチャー
を使用しております。

私もこちらの

銀色のバージョン Original Brushed Silver(オリジナル ブラッシュドシルバー)

 

と、こちら

金色のバージョン CRYO4 GOLD(クライオ4ゴールド)

を使っています。
両方とも紐が5回巻きですが、最近は4回巻きの物や6回巻きの物も発売しているようです。

 

 

この ゴッツの響 というマウスピースに使えるリガチャーをずっと探していて、
3年ほど前に Original Brushed Silver 使っていたのですが
最近 CRYO4 GOLD の方を試奏しに行って
改めてその違いと、それぞれの良さを感じて購入しました。

 

Original Brushed Silver と CRYO4 GOLD の比較

まずどちらのリガチャーにも共通して素晴らしいと思った所は、音のまとまり方です。

息のエネルギーを音に変換する効率がとても高いイメージで、大きい音が出しやすいのはもちろん、
小さな音の出しやすさに驚きました。
逆に変換効率が良すぎるので、音が綺麗に出過ぎてしまう感じはあります。
雑味のある音を出したい方にとってはデメリットになる部分かもしれません。


・Original Brushed Silver
やや渋い感じ。
CRYO4 GOLD よりも抵抗感は少なくなります。
落ち着いてますが、存在感のある感じの音になります。


・CRYO4 GOLD
Original Brushed Silver より抵抗感はありますが、それ以上のパワーのある音になります。
ちょっとキラキラした感じの音になります。
音のリッチさや、息の許容範囲がより大きくなる感じで、細やかな表現がよりやりやすくなる感じがしました。

 

よりこだわりたい方には

Original Brushed Silver に2本買い足して、CRYO4 GOLD のように4本の状態で使ってたこともあります。
その時使っていたリードの吹き心地にもう少し抵抗感が欲しかったので、
Fine Tuner Bar 2本付け足してみました。

バーを増やしたり、位置を変えたりすることで、
吹き心地のコントロールが出来るのがこちらのリガチャー
に共通する魅力の一つとなってます。

Original Brushed Silver でバー4本はリードの状態にあわせて吹奏感をコントロールできるのが面白かったのですが、
思ったより抵抗感が強くなってしまったので、私はリードを変えて解決してしまいました。
人によって好みが分かれるところではないかと思います。

 

最後に

色々書いてきましたが、少しでもこのリガチャーに興味のある方はとにかく一回試奏してみる事をおすすめします。

今回ご紹介したものの上位種モデル

ESTRO(エストロシリーズ

HEXA(ヘキサシリーズ

も個人的にとても気になるので、そのうち試してみたいと思ってます。

 

銀座の山野楽器さんでは、担当の方がリガチャーの角度調整などもしてくださるので、
買ってからちょっとバランス良くしたい時はそちらに持っていきましょう
(要予約)。

 

リガチャー音や吹奏感に大きな影響を与えるパーツです。
リガチャーを変えた時に周りの人からは

「え、何か変えたの?」

と言われることがよくありますが、
自分の気持ちがあがるセッティングができれば、日々の練習や演奏にも良い影響が出てきます。

良いサックスライフを!

山岸 友和

中学高校時代、吹奏楽部でテナーサックス担当。

日本大学文理学部ジャズ研でのテナーサックス 、ソプラノサックス経験を経て25歳から本格的に音楽活動を開始する。

ジャズサックスを川嶋哲郎氏に師事、テナーサックスの魅力に囚われる。

ジャズサックスプレイヤーだが、サックスアンサンブルグループ(サックスのみで構成されたグループ)への参加や、Gt福西健実とのデュオオリジナルユニットno-renでの活動、 ビックバンドでの活動、シンガーソングライターのサポート等、ジャズ即興演奏を中心に色々なジャンルの音楽で活動。

サックスという楽器を通じて、音楽の魅力、楽しさ、そして楽しみ方。 さらにサックスそのものの魅力を広めていくことを目標に活動中。

現在 Mambo Magic Orchestraにてテナーサックス 、ソプラノサックス、バリトンサックス担当 Penguinfly(旧 South Line Trippers)にてテナーサックス 、ソプラノサックス、ホーンアレンジ担当

山岸 友和先生のレッスンはこちら

関連する記事を見る

オトノミチシルベロゴ

豊富な講師陣による充実のマンツーマンレッスン

  • 西野カナ、NMB48への楽曲提供や人気ゲーム「スプラトゥーン」のアオリ役の声優を担当するなど活躍中!

  • 宇多田ヒカル、SMAPなど数千曲以上のレコーディングに参加!

  • 音楽ユニット『YOASOBI』のサポートメンバーとして紅白歌合戦のステージに出場!

その他、実力派講師が多数在籍!

  • ポイント1.自由な予約システム
  • ポイント2.シンプルな料金体系
  • ポイント3.イベントで繋がる

レッスン料金のご案内

  • マンツーマンレッスン
  • グループレッスン

とってもお得♪2つのキャンペーンを実施中!

  • 体験受講料キャッシュバックキャンペーン
  • お知らせ・キャンペーン情報

COPYRIGHT © 2017 MUSIC SCHOOL OTONOMICHISHIRUBE ALL RIGHTS RESERVED.